協会脇のコンクリートの隙間に力強く咲くフェチニア
先日、魚の市場通りで目が合いました寺泊地魚「かながしら」 名前の由来は頭が金属のように硬いところから金頭と呼ばれたと、頭の大きさの割に身が少なく 調理や加工に手間がかかることから価格はお安め…。 しかし、その身は上品な白身で古来は身分の高い人が食べていた上等な魚とか。...
寺泊の山田海岸磯浜広場に建つ「水陸神社(みとろくじんじゃ)」内に お祭りの時に出していた幕と旗が飾られました。 古に想いを馳せ、静かにお参りしてみてはいかがでしょうか。
3月20日㈯午後7時「コロナに負けるな!頑張ろう寺泊!!」花火が無事に打ち上がりました。 8分程度の花火でしたが、本当に美しく感動的で、パワーをもらえました。 あたたかく風もなく、空気が澄んでいて最高の花火日和でした、春の花火も最高ですね。
旧寺泊中学校跡地「汐見台」からの風景は格別です!! トイレの新設や、駐車場の整備が進んでいます。 ここから見る夕陽の美しさ、佐渡の島影、釣船の出帰航…旅情を感じます。 写真撮影スポット、SNS映えすること間違いなしです。
久しぶりに穏やかな一日、夕方は美しい夕陽に痺れました! 日の入時刻も段々と遅くなってきてます、やはり夕陽は癒されますね。
年が明け海岸部でも、ものすごい雪です…。除雪をしても雪のやり場がなく困っています。 写真は観光案内所前の国道402号線、魚の市場通り方面、柏崎方面を撮りました。 道幅も狭くなっていますので運転や徒歩には、十分に気をつけてください。
昨日の夕方、空を見上げたら…まるでロケットが発射されたような光景に出くわしました。 流れる雲と明るい月が丁度いい感じに重なってるところをパチリ。 反対に西の空は日の入の余韻が綺麗でした、寺泊の夕景は撮りごたえありますね。
「秋の寺泊 神社仏閣散策」で聖徳寺・養泉寺の案内に。 どちらも浄土真宗で歴史あるお寺です。素晴らしい本堂と庭園を堪能しました。 住職さんのお話しに、皆様とても熱心に耳を傾けてました。 また、寺泊野積の西生寺(真言宗)では12年に一度の本尊御開帳が15日まで行われています。 ぜひ、寺泊のお寺をめぐってみませんか?
昨日あたりから急に秋らしくなりましたね、夜は寒いくらいでした。 寺泊港の空も秋模様、海岸通りには百日紅が咲きウオーキング中の癒しとなってます。 時折、猫の姿も見れます、寺泊の海に秋を感じに来てくださいね(⌒∇⌒)

さらに表示する