今朝の通勤ルートの風景、寺泊の海岸部へ抜ける道路は雪模様。 でも海岸部に出ると全く雪はありません。 ここからほんの数百メートルで景色がガラッと変わるのが不思議です。 (下は海岸部に出た写真です、海岸部は雪ではなく雨模様)
本日朝9時過ぎ寺泊港に猪が出没しました。数人が後追いしましたが 猪はふり返らず先へ先へと進んで行きました…猛進ではなくトコトコと。 山に食べ物がないのでしょうか、痩せていて元気がないように見えました。 ちゃんと山に帰れますように。
令和2年のスタート、寺泊の総鎮守白山媛神社へ初詣に。 穏やかな海と厳かな空気、遠くには佐渡ヶ島が。清々しい気持ちでおみくじを。 なんと大吉でした!!皆様、本年も寺泊観光協会をよろしくお願いいたします。
本日朝8時半、UX新潟テレビ21『旅サラダ!』の生中継で魚の市場通りにラッシャー板前さんと 大西アナウンサーが来られました。 笑顔が素敵なラッシャーさんと大西さん、そしてスタッフの皆様、市場の店舗の皆様ありがとうございました。
鮭が魚の市場通りの軒先に吊るされると年末だな…と思います。 文化センターはまなすの脇を流れる隧道川には、海から鮭が上ってくると聞き 行ってみたところ、その日は静かな川面で鮭は3匹しか見れませんでした。 急流の段差を上れない鮭が多いと聞きました。鮭の産卵は命がけなんですね…。
日の入時刻がはやくなりましたね…太陽の沈む位置もだんだん変わってきています。 夕方の4時半頃に窓が赤く染まり海に出ると、感動的な夕景に出会えます。 港や海岸には夕日をカメラにおさめている人達の姿も~日が沈んだ後の静かな港も旅情を誘います。
寺泊から車で10分ほど走ると越後三十三観音霊場第二十二番札所「国上寺」があります。 本堂の壁画イケメン官能絵巻、上杉謙信、良寛、酒吞童子、源義経、弁慶が描かれています。 回廊を回りながら色彩鮮やかな絵巻を楽しんでみてはいかがでしょうか…                 
漁船(春日丸さん)が戻ってきました。今日は真鱈、レンコ鯛が水揚げされてました。 ズワイガニと毛ガニも、鮭もあがってます。漁港は活気ある威勢のいい声が響いてます。 競りも見れますよ(要事前連絡)
10月14日から始まった「寺めぐり・味めぐり」企画も残すところ あと3回となりました。 ご参加の皆様には「寺泊には何度も来ているがこんなに素晴らしいお寺がある事を 知らなかった、素晴らしい貴重な体験でした」と大変喜んでいただいてます。 また各寺のご住職方々のご協力に感謝申し上げます。...

さらに表示する